クラウド‎ > ‎

処理時間と料金の目安

3種類の構成(L / M / S)を準備し、各ワークフローの実行時間を測定した結果を記載しています。
また、ワークフローの実行および入力データと出力データの転送や保存に際してクラウドの料金を記載しています。

データ・サイズ

今回、ワークフローの入力となるデータはFTP転送でサーバーにアップロードしています。
Galaxyはワークフロー実行において中間ファイルを全て保存するためその分のストレージ容量を必要とします。
ワークフローの実行後、結果として得たファイルをPCにダウンロードすることを想定しています。

ワークフロー名 アップロードダウンロード 中間ファイル
 ChIP-seq Example  
 
 RNA-seq Example 34.3MB 1702.9KB 7.1MB
 ChIA-PET Example 1905.3MB 4.3MB 9.8GB
 shRNA Example 25.3MB 3.1KB 122.7MB

データ転送と料金の目安

データの転送においては、アップロードは課金されませんがダウンロードは課金されます。
また、今回の構成ではEBSストレージを使用しているため転送中はインスタンスが起動しており、
インスタンス実行の料金が発生します。

 Regionアップロード ダウンロード  中間ファイル転送時間 
東京    
バージニア    

データ保存と料金の目安

 データ種別
 サイズ 料金($/月)
 Galaxyシステム領域 20GB 
 インデックス•ファイル領域 100GB 
 データ格納領域(database) 1000G 

課金項目 単価 個数小計
 ChIP-seq Example 実行   
 RNA-seq Example 実行   
 ChIA-PET Example 実行   
 shRNA Example 実行   

その他

処理時間の測定結果

各ワークフローを異なるインスタンスで実行した際の処理事件の測定結果を記載しています。